軽ワゴンのシートを倒してフラットにする

ここでは,私の車に道具一式を積み込む要領を紹介しようと思う。

私の車は軽ワゴンで,後席がフラットに近い状態にする事ができる。

ここに,2馬力ボート釣りの道具一式を入れてみよう。

コンテナボックスに入った釣り道具一式(1)

まずは,アイリスの「RV-BOX800」というコンテナボックス3つに,小物類を入れておく。

入っている物は,

  • ランチングホイール
  • 電動ポンプ
  • フットポンプ
  • アンカー

などなど・・・。

コンテナボックスに入った釣り道具一式(2)

  • フローティングベスト
  • 魚探用バッテリー
  • 釣具の小物類
  • 船外機の予備燃料タンク

などなど・・・。

とにかく細かい物は,この箱の中に入れる。

 

コンテナボックスを車に積む

床にブルーシートを敷き,コンテナボックスを3つ並べて置く。

コンテナボックスの横に船外機を置いた状態

2馬力船外機を,この位置に置く。

船外機は置いてはいけない向きがあり,変な向きに置くとオイルやらガソリンやら出てきて,エンジントラブルを起こす。

私は必ず,この向きで置く。

コンテナボックスにロープを挟む

船外機を持ち上げる時に使う「キャリングハンドル」と呼ばれる取っ手に,輪にしたロープを掛ける。

ロープにはコブが作ってあるので,このコブが引っかかるように・・・。

ロープで船外機を固定する

箱の中に,挟みこむ。

ボックスと船外機の間にタオルを挟む

箱と船外機が擦れないように,タオルを挟む。

この方法で運搬中に船外機が不安定な状況になった事は,今まで一度も無い。

ボックスの上にゴムボートを載せた状態

コンテナボックスの上に,ボートを載せる。

このとき丸めたボートが開いてこないように,ボート先端に付いているロープを1周して軽く結んでおく。

ボートの上にエアフロアを載せた状態

ボートの上に,エアフロアを乗せる。これで基本ベースが完成。

残りの道具を,空いているスペースに積んでいく。

魚群探知機を車に積み込み

魚探を積んで・・・。

オール,イス,板を車に積み込み

前の方にオールとイス,エアフロアの下に入る板を積んで・・・。

小物類を車に積む

水タンクと,仕掛け用の箱を積んで,残ったスペースはクーラーを載せる。

あとはその時の状況に応じて,バケツとかウエーダーとか。

エアフロアを開いてロッドを乗せる

最後にロッドとリール。

私のロッドはほとんど1ピースで,軽自動車だと運転席まで出てくる。

天井に付けるロッドホルダーは持っていないので,このようにエアフロアを開いて・・・。

エアフロアでロッドを挟み込む

エアフロアを閉じる。これで完成!

ルーフキャリヤにも荷物が積める

ちなみに私の車にはルーフキャリヤが付いているので,上にも積み込みが可能。

上に積むのは面倒なので,あまり積みませんけどね・・・。

inserted by FC2 system